自慢なのはそのデカ乳!でも案外下もいけるみたいです

とっても尺八が得意だという彼女は、さっそく竿師のデカチンをしゃぶってもらいました。ジュボジュボと舐めていくと、さすがの腕前でみるみるさきっぽから我慢汁が溢れてきちゃってます。そしてパイオツに挟んでむにむにとパイスリをしてもらって、もう我慢できなくなってきちゃったハメ師は、彼女の割目に突っ込んで、ズコバコとピストン運動した後に中へ放出しちゃいました。見た目は純白そうなのに、とってもエッチな4610さんなのでした。

カテゴリー: エッチな体験談 パーマリンク